レイボーテってどうなの?《口コミや効果を徹底調査中!》

レイボーテについて調べていると、レイボーテ以外の脱毛器についても知りたくなっちゃって、脱毛器全般について調べたりしています。このページではそんな私の調べた知識を共有しています。ぜひゆっくり読んでいってくださいね。

フラッシュ脱毛器は安全って本当?怪我してる時は大丈夫なの?|脱毛器お役立ち情報

脱毛器に関する知っていて得する情報をお届けしているコーナーです。このページでは「フラッシュ脱毛器は安全って本当?怪我してる時は大丈夫なの?」というテーマをご紹介しています。脱毛器についての情報を随時更新予定なので、ぜひご覧下さいね。


フラッシュ脱毛器は安全って本当?怪我してる時は大丈夫なの?

最近は、家庭用の脱毛器の種類もかなり増えて、自宅で気軽に脱毛を行えるようになってきました。でも、機械を使って自分で脱毛するのには少し不安を感じる方も多いのではないでしょうか? そこで、今回は家庭で行うフラッシュ脱毛の安全性や注意点などを説明していきたいと思います。

どんな肌の状態でも脱毛できるの?

フラッシュ脱毛とは、IPL(インテンス・パルス・ライト)という光を使った脱毛方法です。この光を、脱毛したいお肌に照射するとことによって、毛の毛根部のメラニンにダメージを与え脱毛するという仕組みです。
ですから、お肌が日焼けで黒かったりすると毛根部のメラニンだけでなく、黒いお肌にも反応してしまうので脱毛することはできません。また、うっかりどこかにぶつけてしまってできたアザにも、照射することはできません。そのほか、ほくろや切り傷などもNGです。
脱毛サロンやクリニックでは、どうするかというと... 日焼けをしている場合は施術はしてくれません。怪我などは、その部位を避けて脱毛してくれる場合もあります。ほくろやシミなどは、テープなどを貼り過剰な光が当たらないように保護して脱毛を行います。家庭用の脱毛器でも同じように、日焼けしてしまっていたら脱毛は行わない。擦り傷、切り傷などがある場合は、そこを避けて照射すること、ほくろやシミなども避けて照射する、もしくはテープを貼るといいでしょう。

もともとある傷痕はどうしたらいいの?

日焼けや擦り傷、切り傷などは気をつけていれば避けられることですが、子供の頃の大きな怪我や昔の傷痕はどうしようもないですよね...  深く怪我をしてしまうと、なかなか元の綺麗な肌には戻れません。

傷を縫った後なども、他の何でもない皮膚とちょっと違うと思います。その傷跡が、色素沈着をしていなければ脱毛は可能かと思いますが、十分に注意が必要です。最初は何ともなくても、照射を繰り返すうちに傷痕に変化が見られたらすぐにその部分への脱毛はやめましょう。少し面倒かもしれませんが、気になる部分には照射を避けるかテープなどでしっかり保護をして脱毛を行うようにしましょう。

最後に

より綺麗になるために行う脱毛。無理をして、やってはいけない部分に脱毛をしてもお肌を痛めるばかりで、綺麗なお肌にはなれません。家庭用脱毛器は、安全に使用できるように作られていますが、説明書をしっかりと読み正しい使い方を必ず守るようにしましょう。

「脱毛器お役立ち情報」と同じテーマの他の記事

レイボーテ公式サイトはこちら

レイボーテの公式サイトはこちら!最新ニュースや製品情報、製品の比較などを見ることができます。

エクストラを購入しました!使用した感想を口コミ形式でご紹介しています。写真もあります!

  • 購入編
    いろいろ調べて、いよいよ購入を決断!他の脱毛器との比較も。
  • 注文~開封編
    ついに自宅に到着!本体の写真満載です。
  • 使用編
    実際に使ってみました。使い方やコツなんかもご紹介。

シリーズのラインナップについてまとめてみました!これから充実させていきますので、ぜひご覧になってくださいね。

レイボーテはほんとに効果があるの?私のようなタイプでも大丈夫?と不安に感じている方は、是非ご覧になってくださいね。