レイボーテってどうなの?《口コミや効果を徹底調査中!》

レイボーテについて調べていると、レイボーテ以外の脱毛器についても知りたくなっちゃって、脱毛器全般について調べたりしています。このページではそんな私の調べた知識を共有しています。ぜひゆっくり読んでいってくださいね。

家庭用脱毛器でデリケートゾーンは脱毛出来る?|脱毛器お役立ち情報

脱毛器に関する知っていて得する情報をお届けしているコーナーです。このページでは「家庭用脱毛器でデリケートゾーンは脱毛出来る?」というテーマをご紹介しています。脱毛器についての情報を随時更新予定なので、ぜひご覧下さいね。


家庭用脱毛器でデリケートゾーンは脱毛出来る?

家庭用脱毛器の購入を考えている方、またすでに家庭用脱毛器を購入された方はおそらくデリケートゾーンなどのちょっと人に見られたら恥ずかしい場所の脱毛をお考えなのではないでしょうか?今では、色々な家庭用脱毛器も販売されています。昔に比べ性能も良くなり、脱毛サロンと変わらない脱毛が出来るようになってきました。今回は、家庭用脱毛器でデリケートゾーン脱毛について考えてみましょう。

家庭用脱毛器で脱毛するメリット

まず、恥ずかしくない!ということ。私自身、脱毛サロンでのデリケートゾーン脱毛を経験していますが、とにかく恥ずかしいです。紙のショーツを穿いていますが脱毛するたびにショーツをずらし、穿いていてもいなくても変わらないんじゃないか?というほどずらされます。
IラインやOラインに限っては、かなり恥ずかしい格好で脱毛することとなります。施術されている方は、サングラスやタオルで目を覆われているので、施術者がどんな表情で脱毛しているのかもわかりませんからね。
そして、家庭用脱毛器ならいつでも好きな時に脱毛できるということ。サロンに通う場合は予約がなかなか取れなかったり、最初は安い価格設定でも抜けきらず、結果的に高額になってしまったということもあります。家庭用脱毛器での脱毛はメリットがたくさんあります。

デリケートゾーンにも使用できる家庭用脱毛器

ヤーマン レイボーテRフラッシュPLUS EX

肌の色を読み取って照射レベルを調整する肌色センサー搭載で、痛みを和らげながら効率的にムダ毛を処理できます。トリートメント効果のある光で、脱毛だけではなく美肌ケアも可能です。
照射パワーは5段階から手動で調整することもでき、高速連射フラッシュでデリケートゾーンの処理も短時間で完了します。

ケノン

10段階の出力調整機能つきで、痛みに敏感な方でも使いやすい家庭用脱毛器です。カートリッジの種類が豊富で、デリケートゾーンには威力の強い「ストロングカートリッジ」を使うと効果的です。

ツーピーエス

サロンで採用されているIPL方式の脱毛器で、本格的な脱毛ができます。肌に触れるだけで自動照射される仕組みで手早くケアでき、極短時間発光で痛みを抑えています。デリケートゾーンも優しくお手入れできる機種です。

デリケートゾーンを脱毛するときに気をつけること

粘膜への照射はNG

粘膜部分に照射してしまうと、やけどなどの肌トラブルにつながります。そのため、粘膜部分への使用は絶対にやめましょう。Oラインは自分で脱毛することが難しいので、手の届かない部分や鏡を使っても見えない部位はサロン脱毛と併用するといいかもしれません。

一番低い照射レベルからスタート

照射レベルを選べる家庭用脱毛器では、一番弱いレベルから当ててください。デリケートゾーンは皮膚が薄く、毛が太くて濃いため熱や痛みを感じやすいです。いきなり強いレベルで照射してしまうと肌トラブルにつながるため、避けましょう。

脱毛前の準備

アンダーヘアは短くカット

家庭用脱毛器を使う前は、アンダーヘアを短くカットしておきます。フラッシュ式の家庭用脱毛器は黒色に反応する性質があり、毛を処理せずにフラッシュを当ててしまうと、熱を感じたり、やけどをしたり、トラブルにつながります。長すぎる毛をハサミでカットした後、電気シェーバーで処理するときれいに事前処理できます。

Iライン脱毛では白いショーツを用意

粘膜部分への照射を防ぐために、傷んでもかまわない白色のショーツを用意しましょう。Iラインのお手入れ時は、ショーツをずらしながら照射することで粘膜を守ることができます。

保冷剤や濡らしたタオルで冷却

照射時の熱や痛みを緩和するため、保冷剤や冷水で濡らしたタオルを当ててしっかり冷やしてください。保冷剤が冷たすぎると感じる場合は布にくるんで当てましょう。

家庭用で本当にできるのかな?

大丈夫!出来ます! ただ、脱毛器の種類によっては、アンダーヘアは禁止と書かれているものもあります。それは、他のお肌の色に比べて色素沈着などによりお肌の色が濃いためです。もちろん、脱毛サロンでは、日焼けしている方はどの場所でも脱毛してもらえません。家庭用脱毛器には、脱毛する前に照射しても大丈夫かどうかチェックする機能も付いています。まずは、脱毛器の購入時にアンダーヘアの脱毛が出来るかどうかきちんと確認してから購入するようにしましょう。

最後に 家庭用脱毛器には様々な種類があります。レーザー脱毛なのか光脱毛なのか、本体価格やカートリッジの価格など。そして、お肌のお手入れが出来るものできないもの。また、デリケートな部位は痛みを感じやすいので、脱毛時の痛みがあまりない機種を選ぶこと。また、どの機種を使うにしてもしっかりと冷やしてから行うなどしましょう。自分の目的にあった機種を選び綺麗なハイジニーナを目指して頑張りましょう。

「脱毛器お役立ち情報」と同じテーマの他の記事

レイボーテ公式サイトはこちら

レイボーテの公式サイトはこちら!最新ニュースや製品情報、製品の比較などを見ることができます。

エクストラを購入しました!使用した感想を口コミ形式でご紹介しています。写真もあります!

  • 購入編
    いろいろ調べて、いよいよ購入を決断!他の脱毛器との比較も。
  • 注文~開封編
    ついに自宅に到着!本体の写真満載です。
  • 使用編
    実際に使ってみました。使い方やコツなんかもご紹介。

シリーズのラインナップについてまとめてみました!これから充実させていきますので、ぜひご覧になってくださいね。

レイボーテはほんとに効果があるの?私のようなタイプでも大丈夫?と不安に感じている方は、是非ご覧になってくださいね。