レイボーテってどうなの?《口コミや効果を徹底調査中!》

レイボーテについて調べていると、レイボーテ以外の脱毛器についても知りたくなっちゃって、脱毛器全般について調べたりしています。このページではそんな私の調べた知識を共有しています。ぜひゆっくり読んでいってくださいね。

うなじ脱毛のおすすめの形や注意点|脱毛器お役立ち情報

脱毛器に関する知っていて得する情報をお届けしているコーナーです。このページでは「うなじ脱毛のおすすめの形や注意点」というテーマをご紹介しています。脱毛器についての情報を随時更新予定なので、ぜひご覧下さいね。


うなじ脱毛のおすすめの形や注意点

髪をアップにしたり、髪をかきあげた時に見える「うなじ」。男性は浴衣姿の女性のうなじにグッとくると言われている、意外と見られている場所です。でも、自分ではなかなか見られる場所ではありません。ざっくりポニーテールにしても、手鏡を使ってわざわざ自分のうなじを確認している人は少ないでしょう。でも、せっかくアップにしたうなじが、ボサボサで毛深く全くお手入れされていなかったら...

せっかくおしゃれしても、それだけで可愛さも半減してしまいます。後ろ姿もパーフェクトになるよう、うなじのお手入れに挑戦してみましょう。

どうやって脱毛すればいいの?

うなじの脱毛も他の箇所と同じです。脱毛サロンに行けば、確実に綺麗に形よく脱毛してもらえると思います。
でも、お金をかけたくないなぁとか自分で好きな時にやりたいなぁという人には家庭での自己処理も可能です。

自分では見えないのでなかなか難しい場所ですが、三面鏡を使ったり家族や友人に手伝ってもらえば綺麗に処理できると思います。
処理の方法としては、電気のシェーバーやT字型のカミソリが一番手軽です。除毛クリームでもできますが、お肌の弱い部分なので、よほどお肌が強い人でないと赤みやかぶれが出るかもしれません。

一番オススメなのは、家庭用の脱毛器。剃るわけではないので、うなじがチクチクすることもなく自然な脱毛が出来ると思います。
自分では、自信がないなぁという人は誰かに手伝ってもらいましょう。

どんな形にすればいいの?

うなじの形には幾つかあります。理想的な形は柔らかい感じのWを書いた形です。舞妓さんのうなじもこの形です。とても綺麗に見えるので人気があります。

もう一つはW字型のように左右が長く真ん中がへこんでいる形ではなく、綺麗にぱつんと揃っている形。好みにもよりますがこの二つが代表される形です。
ただ、あまり毛深い人がこのぱつんと揃えた形を作ってしまうとちょっと目立ちすぎてしまうかもしれません。自然に首の形に馴染んでいるのがオススメです。

うなじ脱毛にかかる期間や費用・痛みについて

脱毛サロンや医療脱毛

サロンで行う光脱毛では、ムダ毛が減るまでは約1~2年、ツルツルになるまでは約2~3年かかります。施術回数は1~2年で6~12回、2~3年で12~18回です。費用は6~12回で2~4万円、12~18回で4~6万円が相場と言われています。

痛みの感じ方は個人差がありますが、産毛が多いのであまり強い痛みはありません。光脱毛は黒色に反応する性質があり、濃くて太い毛のほうが痛みを感じやすく、薄くて細い毛は痛みが少ないです。

レーザー脱毛を行う医療脱毛は半年ほどでムダ毛が減り、1年で自己処理の必要がなくなるほどきれいになります。施術回数は半年で3~4回、1年で6~7回です。費用は3~4回で3~4万円、6~7回で6~7万円かかりサロンよりも少し高めです。

光脱毛より出力パワーが強く、産毛でも多少の痛みがあります。しかし、医療従事者が施術しているので肌荒れなどがあればすぐに対処してもらえるというメリットが大きいです。

家庭用脱毛器

サロンと同じく光脱毛なので、施術回数はおおむね一緒です。減毛には1~2年かかり、2~3年すれば自己処理が楽になります。価格は1台3万~12万円程度で、うなじだけではなく全身脱毛ができる機種がほとんどです。
うなじだけ脱毛したい方にはサロンのほうがコスパがいいですが、全身脱毛したい方には家庭用脱毛器がお得です。

サロンと同様、強い痛みはあまり感じません。出力パワーが調整できる脱毛器なら、痛みにあわせて照射威力を変えられます。

家庭用脱毛器でうなじ脱毛する手順と注意点

うなじは見えづらい場所なので、家庭用脱毛器を使って自分でお手入れする場合はコツがいります。

【手順】

  • 1.前日までに電気シェーバーを使ってムダ毛を剃っておきます。T字型よりもI字型の電気シェーバーのほうが使いやすいです。髪が長い方はアップにしてから作業しましょう。電気シェーバーを襟足にあてて、上から下におろして剃ります。三面鏡や合わせ鏡を使って少しずつ剃ってください。
  • 2.カートリッジを交換できる家庭用脱毛器は、できるだけ照射面積の狭いものをつけてください。扱いやすくなり、髪の毛が生えている襟足に照射するリスクを減らせます。三面鏡や合わせ鏡を使い、処理したい部分をよく冷やしてから照射しましょう。

照射レベルは一番低く設定し、慣れたら徐々に引き上げるようにしてください。どうしても自己処理が難しい場合は友達や彼氏に手伝ってもらうといいですよ。

最後に

うなじも体の他の場所と同じで、一度脱毛したからといってもう二度と生えてこないわけではありません。脱毛サロンでも同じですが、一度脱毛したら2~3か月後に2回目そしてそれを5~6回繰り返すという場合が多いです。
肌への負担や毛の生えてくる周期など、お店の都合などなど。。。 自分でやる場合はもう少し早いスパンで脱毛していくると思いますが、きちんと計画を立てて脱毛していくようにしましょう。

「脱毛器お役立ち情報」と同じテーマの他の記事

レイボーテ公式サイトはこちら

レイボーテの公式サイトはこちら!最新ニュースや製品情報、製品の比較などを見ることができます。

エクストラを購入しました!使用した感想を口コミ形式でご紹介しています。写真もあります!

  • 購入編
    いろいろ調べて、いよいよ購入を決断!他の脱毛器との比較も。
  • 注文~開封編
    ついに自宅に到着!本体の写真満載です。
  • 使用編
    実際に使ってみました。使い方やコツなんかもご紹介。

シリーズのラインナップについてまとめてみました!これから充実させていきますので、ぜひご覧になってくださいね。

レイボーテはほんとに効果があるの?私のようなタイプでも大丈夫?と不安に感じている方は、是非ご覧になってくださいね。