レイボーテってどうなの?《口コミや効果を徹底調査中!》

レイボーテについて調べていると、レイボーテ以外の脱毛器についても知りたくなっちゃって、脱毛器全般について調べたりしています。このページではそんな私の調べた知識を共有しています。ぜひゆっくり読んでいってくださいね。

全身脱毛って本当に全部?どこまで脱毛できるのか調べてみた!|脱毛器お役立ち情報

脱毛器に関する知っていて得する情報をお届けしているコーナーです。このページでは「全身脱毛って本当に全部?どこまで脱毛できるのか調べてみた!」というテーマをご紹介しています。脱毛器についての情報を随時更新予定なので、ぜひご覧下さいね。


全身脱毛って本当に全部?どこまで脱毛できるのか調べてみた!

脱毛サロンには全身脱毛コースがありますが、本当に顔から足先までツルツルにしてもらえるのでしょうか。今回はサロンで脱毛できる範囲について調べてみました。契約後に後悔しないよう、脱毛範囲は必ずチェックしましょう。

全身脱毛とは

全身脱毛といえば、顔から足先まで毛のあるところはすべて脱毛できるイメージがありますが、サロンによって対象範囲が異なります。サロンごとに脱毛部位が厳密に決められており、顔やVIOを全身脱毛に含むところもあればそうでないところもあります。

そのため、サロンで全身脱毛を契約する際は脱毛範囲を確認することが大切です。

一般的なサロンでの脱毛範囲

一般的なサロンでは、以下の部位が全身脱毛に含まれています。

  • ・襟足
  • ・脇
  • ・ひじ上下
  • ・ひざ上下
  • ・胸
  • ・おなか
  • ・背中
  • ・腰
  • ・ヒップ

一方、以下の部位はサロンによっては全身脱毛に含まれていない場合があります。

  • ・顔
  • ・フェイスライン
  • ・首筋
  • ・あごの下
  • ・VIO
  • ・乳輪
  • ・手や足の甲と指

小さいパーツですが、ムダ毛があると意外と目立つ場所です。顔の脱毛が含まれているサロンでも、首筋やフェイスラインなどは対象外としているところもあるので注意してください。

家庭用脱毛器と比べた場合のメリット・デメリット

サロンのメリット&デメリット

スタッフが肌質や毛の状態を見て丁寧に施術してくれるため、肌荒れのリスクを抑えながらツルツルの肌に近づきます。背中など、自分では処理しにくい部位もきれいになりますよ。

しかし、全身脱毛コースに含まれていない部位は脱毛できず、個別に契約すれば割高になってしまいます。全身脱毛を契約するのであれば、脱毛したい箇所がすべて含まれているか事前に確認してください。

サロンによっては予約が取りづらく、都合のいいときに通えないなどのデメリットもあります。

家庭用脱毛器のメリット&デメリット

家庭用脱毛器は、好きな部位を脱毛できるので顔から足先までムダ毛が気になる箇所は全身お手入れできます。

サロンと比べて値段が安く、予約を取る必要がないので空いた時間に自宅で脱毛できるところも大きなメリットです。

一方、背中やVIOなど見えにくい箇所は処理が難しいです。照射前後の手入れも自分でしなければならないので、使い方を誤ると肌トラブルの危険性もあります。

まとめ

全身脱毛といっても、サロンによっては脱毛してもらえない箇所があります。サロンで脱毛を考えている方は、契約前に脱毛範囲を確認しましょう。サロンで処理できない箇所を自分で脱毛したい方や、通う時間を省きたい方は家庭用脱毛器の使用もおすすめです。

「脱毛器お役立ち情報」と同じテーマの他の記事

レイボーテ公式サイトはこちら

レイボーテの公式サイトはこちら!最新ニュースや製品情報、製品の比較などを見ることができます。

エクストラを購入しました!使用した感想を口コミ形式でご紹介しています。写真もあります!

  • 購入編
    いろいろ調べて、いよいよ購入を決断!他の脱毛器との比較も。
  • 注文~開封編
    ついに自宅に到着!本体の写真満載です。
  • 使用編
    実際に使ってみました。使い方やコツなんかもご紹介。

シリーズのラインナップについてまとめてみました!これから充実させていきますので、ぜひご覧になってくださいね。

レイボーテはほんとに効果があるの?私のようなタイプでも大丈夫?と不安に感じている方は、是非ご覧になってくださいね。